NorthenDictusの重賞予想

JRAの重賞で回収率100%超えを目指す

スワンSとアルテミスS

スワンSの予想

軸は 2 アドマイヤマーズ。現役トップマイラー実績上位で、重賞勝ちのある京都。坂路で4ハロン51.9秒の自己ベストタイ、58キロは楽ではないが。相手にはサウンドキアラ。京都芝外4-1-0-0で、京都6勝。斤量54キロなら当然有力。鉄砲利くし上位評価の 16 ステルヴィオ、今回は得意のコースに替わり、巻き返せる 4  カツジ、差し鋭くようやく復調してきた 9 カテドラル、得意の京都芝14崩れない 10 ボンセルヴィーソ、大駆け注意 7 ベステンダンク

アルテミスSの予想

軸は新馬札幌2歳Sを連勝した 14 ソダシ。洋芝2戦のみというのが心配も、血統から、東京芝1600mは問題ないだろう。相手には前走大外をぶんまわして最後まで脚が鈍らなかった 13  テンハッピーローズ新馬戦を東京で勝利し、コスモス賞を連勝の 7 ウインアグライア札幌2歳Sで2着逆転可能の 5 ユーバーレーベン、侮れない 8 シャドウファックス、初戦上々血統背景も強調材料の 9 オレンジフィズ、前走負かしたレッドベルオーブが次走レコード勝ちし、侮れない 2 ストゥーティ

 

菊花賞

菊花賞の予想

軸は 3 コントレイルでやむなし。内枠もあまり関係ないだろう。中団で包まれ動くに動けず脚を余す場合だけが負ける可能性か。 父に続いて 無敗の3冠馬誕生。相手には大逃げで幻惑できれば底知れない 11 バビット、叩き上昇計り知れないスタミナの持ち主にみえる 14 ヴァルコス、距離延長に不安はなく一発秘める 10 サトノフラッグ、菊の適性高く逆転誓う  6 ヴェルトライゼンデ、前走のパフォーマンス秀逸、持久戦になれば 8 ディープボンド、大穴で追い切りで伸びやかでキビキビとした動きを見せた 18  ビターエンダーと京都芝外回り1-1-1-0、秋1勝クラス、2勝クラス連勝し出来抜群 1 ディアマンミノル

富士S

富士Sの予想

軸は 4   サトノアーサー。 実力上位、左回り芝16、鞍上もコース得意なら込みで期待。相手には一気逃走で先手取れば粘り腰の 7 スマイルカナ、勝負気配あり、GⅡなら 5 ヴァンドギャルド、復調示し乗り替りも好材料 9 ケイアイノーテック、堅実派で素質買う 8  シーズンズギフト

、成長期待、脚を溜めれば 2 タイセイビジョン

、前走同様の競馬できれば、東京芝2-0-0-0負けなしの 11 ラウダシオン

秋華賞

秋華賞の予想

デアリングの3冠なるかが注目の一戦。馬場の状態も心配だがメインの頃には回復するか。

軸は デアリングタクトではなく、2  リアアメリ。前走ローズSはデビューから馬体重26キロ増。才女復活とみたい。スタート決まれば。相手には 17  ウインマリリンオークス2着、器用さもあり内回りなら逆転も。13  デアリングタクトはブッツケ本番、トリッキーな内回りとスタートが心配で単穴評価。内枠利しベストの舞台で穴妙味な 1   ミヤマザクラ、気性面が心配されるが、まともに走れば上位の 4  ホウオウピースフル、陣営のトーン高く舞台適性ありそうで怖さある 16  パラスアテナ、末脚秘め馬場乾けば 12  マジックキャッスル、時計かかる馬場なら食い込みもある 15  ミスニューヨーク

府中牝馬S

府中牝馬Sの予想

軸は 2  ダノンファンタジー。休み明けの方が走るタイプ。ここなら能力上位、同世代のグランアレグリア、クロノジェネシスに追いつくためには久々の勝ち星を掴みたい。勝負駆け警戒

相手には 7  トロワゼトワル。速い馬場の方がいいが、ここは少頭数で単騎逃げで先制粘る。 復権期す 5  ラヴズオンリーユー、東京で巻き返し 展開次第の 6  シャドウディーヴァ、今回は2走前に勝利した舞台で改めて見直したい 8  サムシングジャスト、復調気配で展開が紛れた時の末脚注意の 1  シゲルピンクダイヤ、芝18は4戦3勝、道悪歓迎侮れない 3  フェアリーポルカ

京都大賞典

京都大賞典の予想

京都は馬場が回復。現段階で稍重。軸は 13  グローリーヴェイズ。 実績上位、人気落ちも今回は巻き返しを狙う。相手には 2  キセキ宝塚記念では2着、ゲートクリアできれば道悪で復権か。ここでも通用してもいい 4  タイセイトレイル、 しぶとく早めで粘れば 6  ステイフーリッシュ宝塚記念組は好走が多く、京都芝外回り巧者の 1  ダンビュライト、態勢整い復帰後2連勝となるか注目の 15  パフォーマプロミス、 破竹の4連勝、飛躍の秋へここが試金石の 17  キングオブコージ

 

毎日王冠

毎日王冠の予想

昨日の東京は不良馬場。今日は少しは回復するか。軸は 9  サリオス。世代ナンバー2の実力馬。距離・コース・馬場不問か、飛躍の秋へ向けて死角なし。相手には 4  ザダル。直線一気の前走、出来充実して陣営の期待大きく、左回りの芝18この条件なら侮れない。東京8勝、芝18は5勝、得意コースで再度激走ある 5  ダイワキャグニー、 馬場状態心配なし、左回りは3-1-1-0、勢い一番の 7  サンレイポケット、ダービーでは4着に善戦、 順調強調 8  サトノインプレッサ、 重馬場に強く単騎なら逃げ残り警戒 6  トーラスジェミニ、馬場悪化なら適性浮上、不気味な雰囲気あり通じるか 2  ワンダープチュック、斤量が軽くなり2-0-1-1の芝18なら 10  カデナ