NorthenDictusの重賞予想

JRAの重賞で回収率100%超えを目指す

マイルCS

★今日はマイルCS。このレースは基本的には堅いレースであったが、時に大荒れする。最近は3〜5人気ぐらいの馬が初のG1制覇を成し遂げている。マイルでありながら純粋にマイラーが勝っている訳でないのも特徴的。

★ここは思い切って軸は 15  ダイアトニック。京都芝外回りは 5-0-0-0 負け知らず。上がりは、33秒台を連発。14得意もマイルでも新潟で2着がある。スミヨンの連続騎乗も強み。相手には 7   ペルシアンナイト、マーフィー騎手が手綱を取った追い切りは完璧に折り合った。過去2年は1.2着と好走、今年も。1  ダノンキングリー、前走毎日王冠は圧倒的な切れ味で突き抜けてみせた。が、今回は乗り替わり、関西圏未経験、不安はある。14  ダノンプレミアム、マイルは4戦3勝。大崩れは考えにくい。5  インディチャンプ、とにかくこの馬は使える脚が短いのがどうか。17  レイエンダ、直近の好走は渋った馬場、輸送含めてルメールどう乗るか。2    グァンチャーレ、安定感抜群の京都芝外回り1600m。馬券圏内突入の可能性も。

東京スポーツ杯2歳ステークス

★今日は東スポ杯2歳S。このレースの出走馬か
らは、もう14年間連続してのちのGI連対馬が生まれ、その数は24頭。18年のワグネリアン、14年ワンアンドオンリー、12年ディープブリランテ、05年メイショウサムソンがこのレースを経由してダービー馬に。2着馬の08年スマイルジャック、10年ローズキングダム、14年イスラボニータ、17年スワーヴリチャードなどもこのレースに出走している。その反面、ディープインパクト産駒は東スポ杯で負けるとそのあと活躍できない。去年の出走馬だけでもヴァンドギャルド(3着)、ダノンラスター(5着)、ルヴォルグ(9着)などが伸び悩み。さて今年はどうか。

★軸は  5   アルジャンナ。初戦は七分の仕上げ。それでも高速の上がり勝負を制した。ポテンシャルは底知れぬものがある。まだまだ強めに追ってないが、スケールに期待。

相手には  4   ゼンノジャスタ。東京替わりで切れ味を発揮した前走、キャリアに期待。6   コントレイル。ノーステッキで悠々抜け出した前走。際立ったレースセンスを感じるが、マイラーかも知れない。2   リグージェ。とても届かないようなところから差した前走。切れ味勝負なら楽しみ。1  ラインベック新馬・特別戦を連勝だが、良馬場の東京コースの1800mだと、最後に切れ負ける可能性も。8  マイネルデステリョ。タフな東京の2000mでレコード勝ちするぐらいの性能を持つ。人気にはなりそうになく穴ならコレ。

福島記念とエリザベス女王杯

★昨日の重賞は東西とも万馬券の波乱。今日もエリザベス、福島とも荒れるか?

福島記念の予想

軸は  12  ミッキースワロー。重賞2勝、GIで2度の5着、実績最上位。福島2000mは2戦2勝。敵はハンデ。相手には  10  クレッシェンドラヴ、6  デンコウアンジュ、5  レッドローゼス、9  ステイフーリッシュ、15 ウインイクシード、8  マイネルファンロン。

エリザベス女王杯の予想

軸は  11  ラヴズオンリーユー。無傷の4連勝でGI制覇、1週前にはCWで一番時計を出し、仕上がりに不安はない。相手には  2  ラッキーライラック、8  クロノジェネシス、16  スカーレットカラー、17   サラキア、4  ウラヌスチャーム、12 センテリュオ、3   シャドウディーヴァ。相手は手広く、後1点クロコスミアはどうするか?余裕あれば。

 

武蔵野Sとデイリー杯2歳ステークス

★今週も4重賞。明日はエリザベス女王杯、今日は資金稼ぎができるかどうか。

武蔵野Sの予想

軸は  1 グルーヴィット。今回は久々のダート戦だがパワーと瞬発力がある。ダートは2戦2勝。

相手には 5  エアアルマス、3  デュープロセス、 16  カフジテイク、14  アディラート、13  スウィングビート、8  ドリームキラリ。

デイリー杯2歳ステークスの予想

軸は 3  ペールエール。長く良い脚を使える馬。前走新潟2歳Sも上がり3F33秒1の脚。

相手には  4 サクセッション、8  ライティア、7  トリプルエース、1  レッドベルジュール、5  アジャストザルート、2   コルテジア。

アルゼンチン共和国杯とみやこSの予想

ラグビー南アフリカが優勝。と、なると俄然、注目はそのままのアフリカンゴールド?まさかね。

アルゼンチン共和国杯の予想

軸は  5   ルックトゥワイス。京都を回避した影響がどうかもこの相手なら。相手には前述した 1  アフリカンゴールド。去勢して2戦目で勝ち上がり、左回りでは3戦2勝。後は11  パリンジェネシス、9  ノーブルマーズ、2  タイセイトレイル、7  ムイトオブリガード、10  トラストケンシン、4  アイスバブル

みやこSの予想

軸は  9  アナザートゥルース。相手には  16  インティ、6  ラビットラン、4  アングライフェン、5  スマハマ、2  アドマイヤビクター、13 ノーヴァレンダ、14   ウェスタールンド。

京王杯2歳SとファンタジーSの予想

今週は4重賞。今日は東と西で1400mの2歳重賞。京都は牝馬の多頭数だけに波乱の目もあるか?

ファンタジーSの予想

軸は 14  クリアサウンド。2014年以降のファンタジーSで勝ち馬の平均上がり3Fは33秒8。この数字を上回るのは2頭。14実績もある。

相手にはもう1頭の 3  シャレード。時計勝負も大丈夫。後は  7  ケープコッド、6  レシステンシア、11  ヒルノマリブ、12  マジックキャッスル、8   モズアーントモー。

京王杯2歳Sの予想

軸は  2  マイネルグリット。3連勝で重賞を制覇。時計勝負になった場合不安もあるが、高い脚力と勝負根性で。相手には  4  タイセイビジョン。直線が長くて、無駄に馬群を捌く必要が無い府中向き。後は 8  ビアンフェ、5   ヴァルナ、6   セイラブミー、10   グランチェイサー、3  グレイトホーン

天皇賞(秋)の予想

★さぁ天皇賞。この府中の2000mは何がおこる。単勝1.4倍、負けないシンボリルドルフがあっと驚くギャロップダイナに差された。あのオグリキャップがどうしても勝てなかった。

単勝1.9倍武豊、世紀の1着降着18着メジロマックィーン。トウカイテイオーが馬群に沈み大駆けレッツゴーターキン単勝1.5倍岡部ビワハヤヒデも馬群に沈む。牝馬でも勝てるを証明したエアグルーヴ。そして誰もが見たくなかった単勝1.2倍サイレンススズカ競争中止。歴史に残る松永幹ヘヴンリーロマンスの御前試合の馬上礼。波乱の歴史だ。今年は2強のマッチレース?すんなり決まるとは思えない。

★軸は 10  サートゥルナーリア。前走は後のGI馬に影すら踏まさせず完封。ノーステッキ。一度本気の上がりを見たいもの。しかもプラス8キロの余力残し。乗り替わりもスミヨンなら問題なし。相手には 2   アーモンドアイ。ただひとつ、気になるのは80%のコンディション。前のサートゥル、ダノンを捕まえられるか、狙いは次のJCか。9   ダノンプレミアム。今回と同じ左回り・芝2000mで施行された金鯱賞リスグラシュー以下GI馬4頭を子ども扱い。この秋リズムの悪い川田騎手が不安材料?    4    スワーヴリチャード。ここは乗り替わり横山典騎手がどう乗るか?まだまだ左回りなら侮れない。 5   アエロリット。200mの距離延長がどうかも外厩への放牧帰りから2戦目。その成績は1・1・0・1。走れるタイミング。6  ユーキャンスマイル。瞬発力を活かせる競馬なら3戦3勝の左回りで好勝負。秋の天皇賞が初G1制覇というのも多い。14  ワグネリアン。直線の長いコースでは負け知らず。3戦3勝の左回り替わりもプラスに働く。決め脚勝負、あるいは高速決着なら。