NorthenDictusの重賞予想

JRAの重賞で回収率100%超えを目指す

スワンSとアルテミスS

★9月以降、予想がスランプ状態。軸馬が3、4着が続いている。菊花賞もつい弱気の予想になってしまった。調子のいい時ならワールドプレミア軸でいけたかと。つくづく競馬の予想はメンタルが影響している事を改めて思う。ハズレでくると人気馬を軸にすると3着。穴を軸にすると本命戦。となってしまう。なんとかこの流れを変えたい。

★アルテミスの予想

ここは 9   リアアメリで仕方ないか。ここは「勝ち方」に注目か。相手には 6   オータムレッド。北海道で2戦し連勝、牝馬らしく素軽く時計の出る馬場でこそイメージ。府中は絶好か。5  ビッククインバイオ。前に行って速い上がりを使えるタイプか。8   サンクテュエール。人気は二分しそうだが、気がかりなのは新馬で負かした馬が1頭も勝ち上がっていない点。圧勝でもなかった以上それほどでも...   3   ルーチェデラヴィタ。広いコースも小回りコースも問題なく対応した過去2戦、レースセンスがいい。2   ショウナンハレルヤキズナ産駒の良さはずばり気性が良く指示通りの動き出しができる点。穴ならこの馬か。

スワンSの予想

軸は 10  モズアスコット。前走がここに向けた叩き台。昨年の安田記念を勝っているが、16よりも14の方が向いている。今回はしらなければ... 相手には 2  ノーワンフィリーズレビュー勝利を含め、芝1400mを使われた2戦はいずれも上がり3F最速。最も得意な条件。13   キャナルストリート ずっと1400mを使われ結果を残しているが、今回は右回り。心配はそこだけ。8   マイスタイル。この距離は未経験。最後の一押しがきくかどうか。17   ダイアトニック。1400m戦は5戦4勝、2着が1回。京都外回りも得意。6 アマルフィコースト  昨年の同レースで3着。馬場が軽く時計がでる状態でこそ持ち味を発揮する馬。15  スマートオーディン。地元関西圏に戻っての1400m戦なら軽視は禁物だ。3走前の阪急杯が本来の姿。7   グァンチャーレ。昨年の同レースで3着、7歳だがまだ元気。