NorthenDictusの重賞予想

JRAの重賞で回収率100%超えを目指す

ステイヤーズSとチャレンジC

★先週は久々の東西W的中。特にJCは会心の予想でした。

ステイヤーズSの予想

軸は  11  アルバート。前走は急仕上げ、リピーターレースだけに低評価禁物。相手には  2  ヴァントシルム、血統はあきらかにステイヤー。3勝クラスで戦ってきた馬も重賞好走馬がズラリ。10  リッジマン、昨年のこのレース勝ち馬。アルバートに勝ってNO.1の称号を。12  モンドインテロ、今年も昨年3着時と同じW.ビュイック騎乗。8  チェスナットコート。叩き3戦目でここ目標。2  オジュウチョウサン。切れ味勝負ならシンドイが、スタミナ勝負なら。6  メイショウテンゲン。過去10年のステイヤーズSにおいて、3歳馬の成績は2-1-0-3。穴気配が漂う。

★チャレンジC

軸は  4  ロードマイウェイ。4連勝でオープン入り、重賞勝ち馬のサトノアーサーに競り勝ち。ルメール騎乗で5連勝を。相手には5  ブラックスピネル、開幕週の馬場で内回りコース、うってつけの舞台。11  テリトーリアル、今年に入り馬券圏外なしと本格化。前がやりあえば差し切れる。2  ギベオン。阪神コースは3戦1勝2着1回4着1回。9  ステイフーリッシュ、G1級のレース以外はすべて馬券に絡んでいる。7 トリオンフ、同馬の持ち時計1分56秒9はメンバー中ダントツ、休み明けでも。1  ブレステイキング。2000mでは3-1-2-0。