NorthenDictusの重賞予想

JRAの重賞で回収率100%超えを目指す

有馬記念

★さぁ有馬記念。いろいろ不安点も指摘されているが、やっぱり終わってみれば 9  アーモンドアイでは。確かに小回り、2500は不安も中団より前につければ問題なし。相手には 14  ヴェロックス。4戦3勝2着1回の内回りコース戦績が示すとおり、典型的な小回り巧者。10  サートゥルナーリア。3歳馬の好走は菊花賞組が多いのが気がかりも東京よりも中山の方が走る印象。6  リスグラシュー。馬場が渋ればさらに勝負に。5  フィエールマン。この馬は小回りコースや渋った馬場が不安も押さえる。7  ワールドプレミア。コーナー6つの中山芝2500mが合うとは思えないが、菊花賞馬は有馬記念は走る。4角おかれなければ。4  スティッフェリオ。重賞3勝はすべて小回りコース。インで脚を溜める展開が叶えば侮れない。